2017年11月29日、『The Gold Experience』からブログ名を改題しました。同タイトルの電子書籍をKindleで発売中。@aki080georgiaでのツイッターのまとめや書き切れないことなどを記事にしています。ご依頼などありましたらお気軽にご連絡下さい。

やっぱりauが使いやすいと思う [特に60歳以上で初めてのスマホやキャッシュレス決済など]

| 9.11.19
auひかりバナー

先日、60歳を迎えた親が初めてスマホを導入する際に、auだと電話で機種変更した方がお得で便利という話を記事にしました。

『auの機種変更は電話でするのがお得という話』

その時は申し込もうというタイミングで、60歳以上だと国内通話が24時間無料になるプランの対象になっているスマホが品切れになっているというところで終わってしまったので、その続きになります。

前回の記事を読まなくても大丈夫なように書いていきます。

その後、10月中旬を少しすぎたくらいのところで、入荷の連絡がありました。

重要事項の説明などがあるため、本人じゃないと電話での手続きはできないということでした。

それで担当者の人とうちの親の都合の良い日付を合わせたところ、10月下旬くらいになり、スマホが到着するのは11月をすぎる予定でしたが意外と早く10月末には届きました。


※AQUOS(アクオス)sense2 かんたん という機種です。

スクショを一枚しか撮っていなかった上、よく見たら契約番号なども写っていたためバッサリ切り取ってしまい少し見辛くてすみません。

スマホ用の充電器は本来は付属しない機種で、4月中なら電話で機種変更した方に無料でプレゼントしてくれるとパンフレットには載っていたのですが、なんと半年以上キャンペーンから経過しているのに付けてくれました。

送料などもかからないため外出せずに機種変更ができて、auショップのように高い機種を勧められたり高いプランのオプションをゴテゴテに付けさせようとしてくることもありませんでした。

重要事項や本人確認以外は、代理人みたいな感じになっている私が話を聞いても問題ありませんでした。

スマホが届いたら機種を変更したことを回線切り替え専用の窓口みたいなところに連絡することになっています。

これが不可解ではあるのですが、先ほどの機種変更の担当者から11月24日から29日くらいまで、その手続きを待った方がお得だと言われました。

スマホが到着しても回線を切り替えないと、切り替え専用の窓口から催促の電話がかかってくるのですが、その日付に切り替えることを伝えれば問題ありませんでした。

どうやら現在契約してるガラケーと新しいスマホの契約との日割りの関係で、それくらいまで切り替えるのを待った方が12月分の料金が2000円ほど安くなるそうです。

2000円くらいならいいや、とも思ったのですが、親が急いで使うこともないので少しでも得するなら待とうということだったので、まだ切り替えは行っていません。

1ヶ月だけ無料ということだったのでスマートパスのプレミアムにも加入し、1ヶ月以内に解除する予定ですが、それについても回線を切り替えてから1ヶ月分が無料ということだったので、焦る心配はありませんでした。


スマホが届いてから使えるまで、まだ時間があるので、先にスマホのケースやフィルムを購入しました。

田舎だと携帯ショップや家電量販店に行かないとスマホのケースやフィルムが売っていませんが、種類が少ない上に高かったです。

今回はアマゾンで購入しました。

   

アマゾンだと2000円以上買わないと送料が無料にならなかったので、前から飲んでみたかったスポーツドリンクの粉末も一緒に購入しました。

アクオスsense2かんたんは、2年前のアクオスsense2 SHV43と機種の大きさと画面のサイズが同じらしいので、種類がたくさんあり、安くなっているものもあります。

スマホのケースは、よくこんないいものに出会えたなというくらい猫好きの親が気に入っているデザインです。

ボタンを磁石で留める手帳タイプのケースで、カードが2枚くらい入れられるようになっています。

フィルムはすごく悩みましたが、これにして良かったと思います。

なぜ迷ったかというと、コメント欄を見ても中国人と思われるステマの評価が多く、星など見ても参考にならなかったからです。

自社製品の評価を良くするならまだしも、他社製品を潰し合うような低い評価も付いているため何もあてになりません。

アマゾンはこういう部分にはもっと配慮すべきでしょうね。

今回買ったフィルムは1枚だけのもので、価格は899円とちょっと高く感じるかもしれませんが、購入する際に200円引きになる商品の対象になっていたため実際は699円で購入しています。

上記の3つを足して2000円をちょっと超えたくらいの価格に落ち着きました。

ちなみにスポーツドリンクの粉末は1袋500mlの水に溶かして飲むもので、22袋入っているのでなかなか量としてもいい感じだと思いました。

砂糖不使用ですがほんのりとした甘みがあり、水分補給にも良く味も美味しかったです。

スマホケースは購入する際に、残り2つになっていて、今見たら残り1つだったので、今後売れ切れている場合もあるかもしれません。

色違いがあったり、他のネコ柄のイラストがデザインされたものもあったので、リンクから見てみると良いものに出会えるかもしれません。

先月から消費税率が上がり、キャッシュレス決済で還元される国の施策が開始されました。

来年6月くらいまでだったと思いますが、私の親の世代ではキャッシュレス決済が面倒でやらないという人が多いです。

これから親がスマホに切り替えたら使い方などを教える予定ですが、色々と考えた結果、初めてのキャッシュレス決済におすすめできると思ったのがauウォレットです。

これからスマホになるので、auウォレットのポイントや残額が簡単に確認できるようになります。

クレジットカードの方ではなく、オレンジ色のプリペイド型のカードをこれから作ってもらう予定です。

auウォレットのプリペイド式のカードは、ネットでauの公式サイトにログインすると、特に住所や氏名を入力する手間もなく、簡単に申し込むことができました。

到着には10日ほどかかるようです。

私も去年やっと作って、使っているのですがなかなか使い勝手がいいと思います。

auウォレットへのチャージは、次の月のスマホ代と一緒に請求されるauかんたん決済でもできますし、セブンイレブンのATMからでもできます。

この前、初めてセブンイレブンでチャージしてみたのですが、最初はやり方がわからなくてちょっと焦りました。

ATMのスマホのところをクリックするとQRコードが表示されるので、それをスマホに入っているau WALLETのアプリの中にあるセブンイレブンATMのチャージからカメラを起動して読み込むと、4桁の番号が表示されるので、あとはそれをATMに入力してお金を入れるだけです。

ややこしく感じるかもしれませんが慣れると簡単にできるようになります。

オレンジ色のauウォレットカードはチャージした分からしか引かれないので、使い過ぎや後日たくさん請求されるのを防止することができます。

使い方もレジでクレジットカードの決済と同じで、カードを店員さんに渡すだけなので、PayPayみたいにいちいち金額を入力したり、LINE Payみたいにバーコードを表示させる手間もありません。

チャージだけ不安かもしれないので、最初のうちは私がやることにしています。

昨年に、私自身がauから格安シムに移行しようとした際に、なんだかんだでauに留まることになりました。

その時からあらためて思うことですが、確かに格安SIMに比べれば料金がいくらか高くなってしまいますが、こうしたauウォレットなどのインフラや使い勝手の良さを考慮すればサービスの質では全然負けていないというか十分に元が取れていると感じることがあります。

少なくとも今回、親がスマホに替えることができたのはauの安心感があったからで、急に知らない格安SIMのスマホにするのにはハードルが高そうでした。

昨年は、北海道胆振東部地震でブラックアウト(停電)を体験し、非常の際にはガラケーよりもスマホの方が断然いいというのを実感しました。

私一人だけスマホであるよりは、家族の誰かがスマホを持っていた方が助かる場面もありそうでしたし、プランによっては60歳以上なら国内通話が24時間無料になるので、こういう時こそ通話料金を気にせず遠くの親戚などと連絡を取り合うこともできます。

もし今auだったり他の携帯会社を使っている場合でも参考になれば何よりです。

auひかりバナー
auひかりお申込はコチラ

インターネット回線もau光にすればスマホ代金が月500円安くなります。

家族でスマホを使用していればそれぞれ安くなりお得です。

是非この機会にご検討よろしくお願い致します。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
次の投稿 前の投稿

WISH LIST

気になったものをリストに入れています。 送ってくれる方はいないとは思いますが念の為に貼っておきます。 プレゼントされた場合は開封動画などを撮影して公開する場合もありますのでご了承下さい。 もし宣伝して欲しいものなどがありましたらご連絡下さい。 WISH LIST
Copyright ©2016-2019 aki080georgia. Powered by Blogger.
© Design 1/2 a px. · 2015 · Pattern Template by Simzu · © Content 1億人と結婚した男 A man who married 100 million people